初心者にもわかる債務整理の基礎知識【やることはたくさん】

記事一覧

様々な方法

電卓

余計に払った利息で圧縮

債務整理には、任意整理、個人再生、特定調停、自己破産、過払い金請求と様々な方法があります。どの方針で、債務整理をするかは現在抱えている借金の内容や金額、財産の状況、収入などによってどの方法が借金問題を解決するのにベストか弁護士に相談をして決めていくことができます。例えば、任意整理をしたいけれど、この方法で本当にいいのか、気になる場合は、無料相談を実施している弁護士事務所に相談をすることです。無料相談ですので、1人で悩まず遠慮なく相談をすることができ、現在抱えている借金の状況や悩みなどをヒアリングして最適な債務整理の方法を提案します。実際に受任するとなってから、費用が発生します。例えば、何とか借金を早く返したいけれど家族や会社には内緒で手続きをしたい、そういった場合に選ぶ債務整理としては任意整理です。その名の通り、任意なので債権者を選ぶことができます。減額交渉を行うのは、銀行や消費者金融のカードローン、クレジットカードのキャッシングなどに限定して、個人間の借入や保証人付きのローンをハズすことで迷惑をかけず手続きができます。また、自己破産や個人再生のように財産を一部処分しなければならない、裁判所を介す必要もないので、秘密にして手続きを進めることができます。弁護士が支払額の交渉を債権者1社1社と行います。これを自分一人で行ったら大変な労力です。余計に支払っていた利息がある場合、その分借金から圧縮できるので減額ができます。