初心者にもわかる債務整理の基礎知識【やることはたくさん】

記事一覧

どんな借入れが対象か

婦人

住宅ローンには注意

債務整理の方針が任意整理で検討している場合、債務整理の対象とできるローンにはどんなものがあるか、sれはクレジットカード会社のキャッシング枠、個人間での借り入れ、消費者金融カードローン、銀行カードローン、商品購入時の割賦購入、他にも住宅ローンや自動車ローンも対象とすることができます。何も金融機関からの借り入れだけでなく、知人や身内からの借り入れ、民間企業からの借り入れも対象とすることができます。また、任意で債務整理をすることができるので手続きをする債権者を自由に選ぶことができます。例えば、保証人付きのローンですが本人は支払いが免除されたとしても保証人の方は代わりに支払いをしなければならなくなりますから、そういったローンは外して行うことができます。しかし、注意しなければならないのが住宅ローンや自動車ローンになります。住宅ローン自体借入金額が大きいので、返済額も莫大な金額なのですが、そもそもこの商品の金利が低金利です。そのため任意整理をしたところで、どうしようもないのです。だからといって自己破産をするとしても住宅ローンは支払いが免除されないローンです。また住宅ローンを任意整理の対象としてしまうことで住宅を失うことにもなってしまうので、注意が必要です。自動車ローンも同様で車を売却しなければならなくなります。複数のローンを利用している方は、どの債権を債務整理したらよいか専門家とよく相談して決めることです。